ここはブログサービス JUGEM のエントリー情報を集めたサービス、ShoeRingGun の解説サイトです。いろんなものを詳しく知ろう

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | 2007.03.27 Tuesday | | - | -
ラーメンズおもしろい!
ラーメンズつくるひとデコ
ファンにとっては
たまらない本に仕上がってると思います!



ラーメンズ: DVDボックス
「Rahmens 0001」や「オンエアバトル ラーメンズ」を見てラーメンズに興味を持った人なら、確実に楽しめます。
よりディープなラーメンズの魅力を味わえるはず。
この価格に抵抗を覚えるかもしれませんが、決して高くありません。

【椿】
SFサスペンスコメディー「時間電話」
空想と現実が錯綜する「心理テスト」
言葉遊びに感動「ドラマチックカウント」
バカ丸出しのコント「インタビュー」
勢いがあって楽しい「心の中の男」
着想が素晴らしい「高橋」
不思議な世界を描いた「斜めの日」
一緒に歌いたくなるはず「日本語学校アメリカン」
おかしくてちょっと切ない「悪魔が来たりてなんかいう」

 【鯨】
ことわざで遊ぼう「ことわざ仙人」
2重3重の仕掛けの「超能力」
アテレコ&ダンスが頭に残る「バースデー」
パントマイムコント「壷バカ」
メルヘンコント「絵かき歌」
ラストでどっきり「count」
ハイテンションアメリカンコント「アカミー賞」
一本の上質の映画を観た気になれる「器用で不器用な男と不器用で器用な男の話」

 【零の箱式】
大学教授の物真似がお上手「現代片桐概論」
ラーメンズ以外の役者の魅力も味わえる「文庫本」
片桐独走「タカシと父さん」
早朝の情景が目に浮かぶ「釣りの朝」
あふれる感情、抑えられない笑い「かわいそうなピンクの子犬コロチンの物語」
タカシと父さんをもう一度「片桐教習所」
後半の怒涛の勢いに圧倒される「日本語学校 (フランス篇)」
品の良いコント「小さな会社」

 【雀】
ラーメンズならではのSFコント「お時間様」
まさに音遊!「音遊」
小林の芸達者ぶりが素晴らしい「プレオープン」
またしても片桐さん沈黙「許して下さい」
珍しく二人のキャラが逆転「人類創世」
小林暴走?「ネイノーさん」
小林の器用さに感嘆「男女の気持ち」
最後はちょっと落ち着いたコントで「雀」


ラーメンズ第9回公演「鯨」
「鯨」はとにかくバラエティー豊か。ラーメンズの奥深さを味わえます。手品やセットの仕掛けを用いた「超能力」、オーバーアクションとダンス、歌がおかしい「バースディ」、ほかではみられない独特の手法に感心してしまう「count」、小林さんのアメリカンな司会者っぷりと客席の片桐さんがおかしい「アカミー賞」、小林さんが珍しくいい人を演じていて、前半大笑いさせながら、後半ほろっとさせる「器用で不器用な男と不器用で器用な男の話 」(小道具にも注目!)など、どの作品も新鮮で見事。ビデオの編集も良くて、作品ごとに片付け&準備そしてたまに小ネタをはさむふたりの様子も見られて、臨場感があります。


ラーメンズ単独公演「FLAT」
現在、発売されているものの中では最も古い一本。
ラーメンズの基礎、ここにあり!と感じることができるはずです。
やはり、現在の彼らの舞台と比べると様々な意味で若々しい印象を受けます。しかし、それは言い換えると、その時、その瞬間の彼らにしかできない舞台だったり空間演出だったりするのではないでしょうか?
おすすめです。まだご覧になっていない方は今がチャンスなのではないでしょうか?


ラーメンズ 第15回公演 「アリス」
大衆ウケするネタが増えたと言えるのではないでしょうか。
ラーメンズの作品を歴史に沿って見る場合、恐らく今では「FLAT」からという人がほとんどだと思いますが、その頃のネタと比べると、この「ALICE」と前回の「STUDY」は明らかに方向性が変化してきているように感じます。
だから、「FLAT」や「news」もしくは「オンエアバトル」を見てあまり好みでないと思った方も、この作品を見たら「結構、面白いな」と思うかもしれません。もちろん、その逆も考えられますので、この作品を見て「?」と思った方は、是非、初期の作品を見てみてください。
ちなみに、新しい試みの多いこの作品の中で一番いつものラーメンズらしいのは、本人たちも語っていましたが1番目のネタだと思います。



ラーメンズ DVD-BOX
二人の天才を見たよ! まさか自分が生き承認になれるとはね!

仕掛人、頭脳派:小林賢太郎 惹き付ける、表現派:片桐仁
お互い無いもの同士で成り立っているんだね! まさに完璧な二人組だよね!

アトムよりの言葉をかりますが、「非日常の中の日常が心地いい」まさにソレだよ!
そんな二人が贅沢にもDVD BOXになっちゃうなんてね すごいや!
これで会いたい時にいつでも会えるねって...ねぇ


ラーメンズ news-NEWS
買って二度しか見ていない。本棚の肥やし第一号。
ネタにしては面白みが薄く、映像作品にしては美しさが一切無い。
特に、バックステージ映像や過去の歌ネタ映像は、二度以上見る気にならない。
技量・人材・予算のなさが露見しているので、「笑いたい」方にはお勧めしません。
本公演NEWSの方が300倍見る価値あり。



| nazoking | 2006.11.28 Tuesday | 01:45 | comments(0) | trackbacks(10)
| スポンサードリンク | 2007.03.27 Tuesday | 01:45 | - | -
admin

コメントする





--
Trackback to
admin

コメントする





--
Trackback to http://nazoking.jugem.cc/trackback/132

トラックバック

-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/04 10:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/23 3:46 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/22 2:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/16 2:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/02 4:46 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/11 3:54 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/28 2:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/28 1:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/26 12:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/20 10:27 AM |

→Toolbox

ENTRIES

CATEGORIES

Advertisement

Recommend

マツケンサンバII リミックストラックス(リミックスCD+特典DVD)
マツケンサンバII リミックストラックス(リミックスCD+特典DVD) (JUGEMレビュー »)
松平健
カッコイイ各種リミックス+神宮外苑花火大会ステージ+振り付けマニュアル簡易版
マツケンサンバ II ~オーレ ! EP~
マツケンサンバ II ~オーレ ! EP~ (JUGEMレビュー »)
松平健,吉峰暁子,杉紀彦,宮川彬良,小西康陽,桑田衛
小西康陽リミックス+「振り付けガイド」
マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD
マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD (JUGEMレビュー »)

これで振り付けを完璧に覚えましょう!
暴れん坊将軍ベストコレクションVol.1
暴れん坊将軍ベストコレクションVol.1 (JUGEMレビュー »)
TVサントラ
上様といえばやっぱり暴れん坊将軍。サントラベストですちゃ〜らら〜らら〜らら〜♪

→Toolbox